精神安定剤の種類

精神安定剤とは?

精神安定剤とは、不安やイライラといった症状に対し神経伝達物質に作用し、その症状を緩和したり解消させる薬剤のことです。精神安定剤には、様々な薬がありますが、大きく分けて2種類に分けられます。

 

ひとつめは、マイナートランキライザーという種類です。マイナートランキライザーは抗不安薬と言われており、神経症、うつ病、心身症などの治療薬に使われます。不安状態の緩和、気分を落ち着かせる効果があります。一般的な精神安定剤は、このマイナートランキライザーを指します。副作用としては、眠気やだるさといった症状が現れます。その為、睡眠補助剤としても使用されます。

 

もうひとつは、メジャートランキライザーという種類です。メジャートランキライザーは抗精神病薬と言われており、統合失調症やアルコール依存症などの治療薬に使われます。抗精神作用がとても強く、極度の不安状態を解消することができます。二つの精神薬に共通する副作用は、眠気やだるさや副作用とは自分では気づかない症状があります。その為、車の運転や高所作業や機械の操作には十分に注意が必要です。


体力系アルバイト

レキソタン 効果・副作用・離脱症状